最新歯科設備

滅菌システム

 院内感染による患者被害が、昨今よく報告されています。本院で使用する器具に関しては、 最も厳しいと言われるヨーロッパのクラスB基準に基づき、厳密な滅菌システム(Lisa)を採用しております。

 安心して治療をお受けいただけるよう配慮されております。

滅菌システム(Lisa)とは

 クラスBオートクレーブは、小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準(prEN13060)で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」とされています。

今までの歯科で使用されている滅菌器よりもさらに厳しく、医科で使用されている大型滅菌機の規格(EN285)に準じ、 歯科で使用できるようコンパクトにしたクラスBオートクレーブ、それが「Lisa」です。

「Lisa」は滅菌前にバキュームと蒸気の注入を交互に繰り返し(パルス真空)、被滅菌物内部のすみずみまで蒸気を行き渡らせます。

炭酸ガスレーザー

 歯周病専門医は、一般歯科と比べ遥かに観血処置(外科処置)が多いのです。

治癒遅延は患者さまに不快な時間を長期に与えることになりますから、創傷の治癒(いわゆる傷口の治る速度)は、最も重要であると考えています。

そのため、術後の疼痛(痛み)や腫脹(腫れ)を極力、最小限にするための術式を日々改良し、施術しています。

そして、その一端を担うのが、 歯科用レーザーなのです。

手術野からの出血を最小限するためには、レーザー止血が有効であり、 遠赤外線効果による繊維芽細胞増殖因子の活性化(メカニカルフォース)は、炭酸ガスレーザーの最大の特徴です。

これを臨床で活用することで、従来の手術経過よりも確実に短期で治癒に導けるようになりました。

Er-YAGレーザー

 Concentrated Growth Factor
Platelet Rich Plasma (PRP)=「多血小板血漿」は、創傷の治癒を促進するため、近年歯科治療においても注目されてきた。

しかし、その操作は煩雑であり、 外部からの血液凝固剤を加えて人工的に凝固させなければならない欠点を持っていた。

今回、本医院で導入したConcentrated Growth Factor (CGF)は、問題の添加剤を加えずに、 遠心分離速度をコントロールすることで凝固反応を誘発し、自然なフィブリン網目構造が形成されることでPRPの欠点を克服した。

さらにサイトカインを多く含み、長時間にわたりゲル状態を維持しているため、インプラント治療から歯周組織再生療法まで幅広い術式に対応可能であり、次世代治療の可能性を秘めた素材である。

PAGE TOP