マイクロスコープ

マイクロスコープについて

マイクロスコープ
について

歯科治療におけるマイクロスコープの応用

 「拡大率を上げることで、見えなかったものが見えるようになる」これが最大の利点です。

治療精度の向上は、患者さんが求める安定した予後を期待できる可能性が高くなることを意味します。

誰でも、一度の治療で一生涯もつ治療を望みます。現実は、そう簡単には行きませんが、施術する歯科医師の責任として、その可能性を伸ばしていきたいと考えております。 そのためのツールの一つにマイクロスコープがあると考えてください。

う蝕治療(虫歯)からインプラント治療、さらには歯周再生治療と適応範囲を拡大して、治療できるようになりました。

「ただ逆も真なり」で、見落としていた過去から見える現在では、中途半端な診断は、もうありません。「様子をみましょう」から「早期に抜歯しましょう」と辛いお言葉を伝えなければならなくなってしまったことも事実ですので、この点をよくご理解して頂けるよう術前にご説明致します。

歯周再生療法におけるマイクロスコープの応用

 黄色の枠内に見えるのが、歯周病の原因である
石灰化沈着物(歯石)です。

これを再建外科手術時に完全郭清することが最も重要であり、取り残しをしないために、マイクロスコープで確認しながら手術を行ってまいります。

下の拡大写真は、マイクロスコープを使用した後の状況です。

術後の成績を左右するのは、この臨床的精度なのです。

う蝕治療とインプラント治療におけるマイクロスコープの応用

 両隣在歯に銀色の詰め物があり、中はう蝕(虫歯)になっています。

これを撤去し、マイクロスコープを利用して徹底的にう蝕(虫歯)の除去を行います。

そして、現在の接着技術を応用して審美的に満足頂けるよう治療していきます。

また、歯根破折して抜歯となった箇所には、炎症性の肉芽組織が残っているので、これも取り残しがないよう、マイクロスコープを用いて除去していきます。

一つ一つのステップを確実に行い、審美的にも機能的にも満足頂けるインプラント治療を施術し治療を終了いたしました。

治療の精度が、レントゲン写真からもお分かりになるかと思います。

是非、お悩みの方は、一度相談にお越しください。

PAGE TOP