長谷川歯科医院 歯科用CTスキャン

歯科用CTスキャンについて

歯科用CTスキャン

アゴの形状、骨の状態など、より正確に診断するツールとして歯科用CT(ファインキューブ)を導入しています。
このCTの導入により、より安全で確実なインプラント治療が行えます。 隣接して設置されているモニターでは、ご自身の歯や骨の状態を3D画像で立体的にご覧いただくことができ、より分かりやすく治療内容をご理解いただけます。

ファインキューブとは・・・

近年、急速に普及しつつある歯科用CTは医科用CTを単に小型軽量化したものではなく、 最新のテクノロジーを医科より先駆けて最少にした全く新しい低被曝画像診断装置として進化を遂げ、 歯科診療に大きな変革をもたらそうとしております。 超高解像度で低被曝・高速演算による撮影時間の短縮・最先端の3D画像処理機能といった数年前までは夢でしかなかった機能と性能が具現化され、 その能力をフルに引き出す方法も確立されたのが「ファインキューブ」です。
 ・高速スキャンにより患者さまへの負担を軽減します
 ・さまざまな角度から詳細な診査・診断を可能にします
 ・豊富な3次元データを高速処理し、詳細な3D画像をご提供することにより、
  患者さまへより分かりやすく説明いたします。

株式会社ヨシダ

歯科用CTスキャンの映像

歯周病患者のCT画像例

左下の奥歯に限局的な歯周病による骨破壊像が観察されます。通常のレントゲン写真からでは正確な診断は困難ですが、歯科用コンビームCTは、それを可能にしました。 患者さまが知りたいことは、自身の真実なのです。 情報を正確にお伝えし、不安を払拭させることが、治療の第一歩であると考えています。