長谷川歯科医院 中区分 インデックス

歯周病治療

インプラント治療

審美治療

長谷川歯科医院 インプラント治療

インプラント治療の流れ(詳細)

診査・カウンセリング

カウンセリング

①カウンセリング
患者さまの歯の状態についてお聞かせください。不満や不便に感じていること、これからどう望むのかをお伺いいたします。忌憚なく思っていることを存分にお話しください。
また現在の健康状態や病歴、アレルギーの有無などについて確認させていただきます。

口腔内検査

②口腔内検査
レントゲン撮影や咬合診断を行います。歯科用CTで撮影し、歯の骨の状態を確認いたします。インプラント埋入手術が可能かどうか検討させていただきます。
口腔内検査はインプラント治療を行うための重要なデータとなります。よりよい治療結果を出すため、慎重に検査を行います。

治療方法、費用のご説明

③治療方法、費用のご説明
カウンセリングと口腔内検査の結果から治療方法を決定いたします。
またその時に治療費用について概算をお伝えいたします。
患者さまと治療方法・費用について同意が得られましたら手術の日程を決めさせていただきます。
※インプラント埋入前に必要に応じて歯の治療・クリーニングを行います。

治療

ページトップへ

一次手術①

④一次手術(インプラント埋入手術)
インプラント埋入手術では、麻酔が効いているので手術中に痛みを感じることはありません。
骨と結合するまで上顎は4~6ヶ月・下顎では2~4ヶ月くらいの期間がかかります。
この間に虫歯の治療や歯のクリーニングを行えば無駄なく治療が行えます。
左の図は奥歯が一本欠損した状態の例になります。

一次手術②

インプラントを埋め込むためのホールを歯槽骨に形成します。

一次手術③

インプラントを埋め込み、歯肉でインプラントの上部を被います。

二次手術

⑤二次手術
そして歯肉で閉じられた状態のインプラントの頭を取り出し、埋入したインプラントが骨と結合しているか確認します。 結合の度合いによって再度、歯肉で蓋をすることもあります。
インプラント上部を歯肉から露出させて歯肉の治療を促進するための専用キャップを取り付けます。

仮歯の作製・装着

⑥仮歯の作製・装着
歯肉が治療しましたら、アパットメントと呼ばれる支台装置を取り付けます。この時点でインプラントにサポートされた仮歯が入ります。

上部構造の作製・装着

⑦上部構造の作製・装着
仮歯をはずし、人口歯冠を装着いたします。内容により1~3回に分けて行う場合があります。

定期メンテナンス

ページトップへ

メンテナンス

⑧メンテナンス
1~6ヶ月に一度、ご来院いただき検診を行います。期間は口腔内の状態により変動いたします。

※上記の流れはインプラント治療の基本的な流れです。治療の流れは状況により変わる事があります。