長谷川歯科医院 中区分 インデックス

歯周病治療

インプラント治療

審美治療

長谷川歯科医院 インプラント治療

インプラント治療の注意点

歯周病専門医として、患者さまにまずお伝えしたいことがあります。
それはインプラント治療が、万能ではないということです。
最近はどのHP上でも、その効果に焦点をあて高い成功率を掲載しておりますが、その治療結果の永続性すなわち残存率がどれ程のものなのか、 手術をすればそれで終わりではないのです。 天然歯と同様、お口の細菌が原因でインプラントも歯周病に罹患します。
歯を失う原因を正しく検査せずに、施術したインプラント治療は、 その危険性をおおいに孕んでいる可能性があることを認識してください。
当医院では、その歯周病関連菌を精密検査し、徹底的な除菌療法を行い、それからインプラント治療を施術いたします。 またその後の定期検診を通して、術後の管理をさせていただいております。
術前診査としての細菌検査および歯科専用CT検査等、 現在の最先端医療機器を用いて正確な診断を下しますが、 それでも患者さま個々の個体差・個人差があるため、 同一結果を導けないこともありますことをご理解頂いております。
しかし、ある一定の基準を満たせれば、その治療効果が高いことも事実であります。 施術する歯科医師の技量が、 その治療の成否に直接反映するため、患者さまとよく相談し、ご納得頂けることが重要になります。 現在の歯科医療水準は、 諸外国と比較してもかなり高いですが、同時に医療全般にまつわる問題も多いのが現状です。 何故なら、すべての情報を開示していないこと、さらに治療説明と同意の確認が不十分なこと等、 医療従事者側の善管注意義務に問題があるからです。 ですから、当医院では、 セカンド・オピニオンシステムを導入し、すべての患者情報・治療説明・書面による同意を頂いてからの施術になります。
まずは患者さまの不安を取り除くことからが治療への第一歩であると考えます。