長谷川歯科医院 中区分 インデックス

歯周病治療

インプラント治療

審美治療

長谷川歯科医院 歯周病治療

軽度歯周病治療について

ブラッシング1

歯周ポケットにプラーク(歯垢)が溜まって歯石がつき、細菌によって歯槽骨が少し溶け始めた状態までを軽度歯周病と言います。 比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。
症状に気づいたらまずはご相談ください。個人では歯ブラシの届きにくい箇所、汚れの溜まりやすい箇所があり、どうしても完全にプラークを除去することができません。 熟練した歯科衛生士が、卓越した技術で汚染面を郭清し、予防指導ならびに食事指導を通して、患者様の状況に合わせ、歯周病基本治療を行っていきます。

重度歯周病治療について

歯周病が進行し、歯周組織が破壊されてしまった場合、自然に回復することはありません。
進行のレベルによって異なりますが、重度の歯周病には再生療法・外科的処置が必要になります。

再生療法(エムドゲイン)

炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)を行います。
この手術の際に、歯周組織再生誘導材料という手術治療を補助するための、歯科用の材料(エムドゲインゲル)が主に使用されます。 具体的な使用法としては、歯周組織が欠損した部分にエムドゲインゲルを塗布し、縫合します。そうすることで欠損部への歯肉の侵入を防ぎ、同時に歯周組織を再生させるのです。 エムドゲインゲルは歯周組織の再生を促しながら歯肉に吸収されていくため、非常に安全な治療法だと言えるでしょう。
このエムドゲインゲルは歯が生えてくる時と同じ環境を作りだすことによって、再度骨を歯の周囲に呼び込んで骨を再生させます。 しかし、どんな歯周病でも使用できるというわけではありません。部分的に骨が吸収してしまった場合しか効果はありません。

エムドゲイン

~エムドゲインゲルについて~
エムドゲインゲルはスウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料です。
エムドゲインゲルの主成分 (エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種です。 現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので、2002年10月現在、世界28カ国で使用されています。 歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインゲルを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現します。 こうして、初めて歯が生えたときと同じような強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促すのです。

ページトップへ